おかおかブログ

●岡山県倉敷在住・飲食店店長●の30代男が自分の経験や出来事を皆さまに伝えるブログです。(主に育児・ファジアーノ・日本酒など)

カルーンエアーを買った我が家が、競合したベビーカーとは(比較してみよう)

スポンサーリンク

先日の記事でカルーンエアーを気に入って、ずっと使い倒しているという記事を書きました。

前回の記事はこちら
okaoka0624.hatenablog.com


そこで今回は、購入にあたって他に候補にあがったベビーカーとどの当たりを比較的して、最終的にカルーンエアーを購入に至ったかをお話しできればと思います。
カルーンエアー以外に2台候補にあがっていました。

ママ割メンバーポイント5倍 アップリカ カルーンエアー AB 軽量3.9kgベビーカー【送料無料 沖縄・一部地域を除く】

f:id:okaoka0624:20190619004313j:plain

1 スゴカル4キャス(コンビ)


まずあがったのがスゴカルです。
あがった理由の一つに、うちの奥さんの同級生がこれを使ってるらしく、うちの奥さんも使ってみたら好感触だったということであがりました。

というわけでスペックを調べてみることに。

◎4キャスということで、背面でも対面でもタイヤが自由に回るので対面でも使いやすい
◎エッグショックという卵を落としても割れないというクッションをシートに使い、子供が寝やすくそれでいて安全
◎重力は5kg
◎価格は定価50000円

さすが50000円のベビーカーです。
スペックが高いです。
魅力的な装備が入っています。
ただ重量5kg。ここがポイントとなりました。

スポンサーリンク



2 F2プラス(コンビ)


ママ割メンバーエントリーでポイント5倍 ★送料無料★ F2プラス AF 当店限定ナイトブラック F2 plus エフツー プラス エーエフ コンビ Combi ベビーカー・バギー A型ベビーカー

次にあがったのがF2プラス。
YouTubeのセゴリータ3世さんが紹介していて気になったのがきっかけです。


嫁が買って良かったものランキングトップ5!夫婦でも全然違うんだなぁ【2016年 ベストバイ ランキング】


それではスペックです。
◎価格は実売約25000円
◎重量は3.9kg(カルーンエアーと同じ業界最軽量)
◎スタイリッシュなデザイン
◎対面にはならない

何よりこのベビーカーのウリは3.9kgの重量です。
カルーンエアーと同じ業界最軽量となります。
そしてスタイリッシュなデザイン。
メーカーいわく都会にも映えるよう設計しているとのことです。
ホームページでもベビーカーを押す若い奥さんという写真がたくさんあり、かなりかっこいい感じがしました。
弱点として対面にはならないという点があります。

3 カルーンエアーと比べてどうか?

実際買うとしてどうしようかという家族会議が、開かれることに。
まず一つ、対面式にするか?必要かという議論に。
結果としてほとんど使うことはないんじゃないかと結論にいたりました。
次に重量はどうかという話に。
セゴリータさんの動画でも、軽さは大事という話が出ていたので、先輩の話は聞いておいた方がいいよという話に。
ベビーカーを選ぶに当たって、我が家では一番の重要ポイントは重量であるというこになりました。
というわけで価格面でも高く重量も重いスゴカルは、うちの経済状況として背伸びしているということで、候補から下げました。

www.okaoka.work

スポンサーリンク



4 カルーンエアーとF2プラス、どっちを選ぶ?

スペック面、価格ではカルーンエアーとF2プラスは選ぶことが出来なかったので、実際のものを見てみようということで赤ちゃん本舗に行き、実物を確認しました。

このあたりで僕は個人的にはどちらでもいいかなと思っていたので、奥さんが感覚的に好みの方を選んではもらおうかなと思っていました。

実物を見た奥さんの感想として
F2プラスのほうが軽く見えた、でも反面頼りない感じがした。
カルーンエアーのほうが頑丈そうだという感想でした。
僕的には頼りないというより、気持ちf2プラスのほうが横幅が狭い印象を持ちました。
デザイン面でコンパクトでスタイリッシュにというベビーカーなので、横幅狭くなってるのかなぁと思いました。
これから奥さんが一番使う機会が多いので、印象というのは大事にした方がいいかなと思っていたので、今回カルーンエアーを選ぶことにしました。

5 まとめ

今回カルーンエアーを選んだ理由をお話ししました。
詳しい情報、一年間使ってみた感想は過去記事にありますのでそちらをご覧ください。

ベビーカーはそれぞれ良いところ、悪いところあります。
皆さんの使い方や重要ポイントはそれぞれ違うはずです。
なので自分たちがどう使いたいかを考えて、価格面と折り合いをつけて選んでもらいたいと思いますが。
ベビーカーは割と高額商品となりますので、しっかり比較して購入してみてください。